『子どもの権利条約』で謳われている「子どもの最善の利益」を日本において実現するため、ハーグ条約の真実を伝える活動を行っています

最新ニュース20140526a

ハーグ条約」日本でも発効 希望と不安、親心揺れる

出典:平成26年5月26日 日本経済新聞

「ハーグ条約」日本でも発効 希望と不安、親心揺れる

 国際結婚後に離婚した夫婦間の子の扱いを定めた「ハーグ条約」が今年4月、日本でも発効した。海外に連れ去られた子供を取り戻せると期待する親がいる半面、外国から元配偶者が取り返しに来るかもしれないと不安を募らせる人も。窓口となる裁判所は引き渡し現場などで子供を傷つけることがないよう、具体的運用について検討を続けている。

 「ようやく一歩、娘に近づいた気がする」。東京都台東区の渡辺美穂さん(54)はうっすらと涙を浮かべた。9年前、米国人の元夫に長女を連れ去られて以来、娘に会いたい一心で条約への早期加盟を訴えてきた。
 
 <以下、記事本文参照>

更新 2014-05-26 (月) 22:33:03
アクセス数
総計:1373 今日:2 昨日:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional