『子どもの権利条約』で謳われている「子どもの最善の利益」を日本において実現するため、ハーグ条約の真実を伝える活動を行っています

最新ニュース20131202a

ハーグ条約加盟を歓迎=米大使

出典:平成25年12月2日 時事通信

ハーグ条約加盟を歓迎=米大使

 谷垣禎一法相は2日、法務省でケネディ駐日米大使と会談し、国際結婚が破綻した夫婦間の子どもの扱いを定めたハーグ条約への加盟が先の通常国会で承認されたことを受け、「なるべく早い段階での実施に向けた作業を進めていきたい」と述べ、政省令の整備を進める考えを示した。これに対し、大使は「非常に歓迎している」と述べた。
 法相はまた、大使が東日本大震災の被災地を訪問したことに感謝の意を伝えた。大使は「逆境の中でくじけない(被災者の)姿を見ることができて非常に良かった。支援を継続していきたい」と応じた。

更新 2013-12-10 (火) 21:45:28
アクセス数
総計:1414 今日:1 昨日:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional