『子どもの権利条約』で謳われている「子どもの最善の利益」を日本において実現するため、ハーグ条約の真実を伝える活動を行っています

最新ニュース20111110

Twitterで投稿する

6カ国がハーグ条約加盟に関して要望

Six nations press on Hague treaty

出典:The Japan Times 平成23年11月10日

 アメリカ、カナダとその他4カ国が共同で日本政府に対し、国境をまたいだ子どもの親権紛争に関する国際条約に反して、国際結婚が破綻した後子どもを連れ去った親が優先的に取り扱われないような法的手段を取るよう強く要請した、と政府関係筋が火曜日(11月8日)明らかにした。

 イギリス、フランス、オーストラリアとニュージーランドを含む6カ国が共同声明を文書で提出した、とその政府関係筋は語った。
これは法務省と外務省が9月末から一ヶ月間行った、日本の条約加盟に先がけた国内関連法の中間案に対する意見公募の一環。

 この極めて異例な措置は、国際的な子の奪取の民事面に関する条約への日本の加盟に対するこれら6カ国の強い関心を示している。この条約は常居所国から連れ去られた子どもの速やかな返還を促すよう定められている。

 片親が虐待する配偶者から逃げてきた場合や、子どもの連れ去りに関して常居所国からの刑事告発が推定されそうな場合、想定される国内関連法案では子どもは返還されずともよいことが示されるようだ。

 政府関係筋によると、6カ国政府を代表して在京カナダ大使館により提出された共同見解では、日本政府のハーグ条約に関する中間報告はハーグ条約の枠組みから逸脱しており、(ハーグ条約において)子どもの返還を拒否できるのは、子どもたちが返還された場合に子どもが『重大な危険』に直面する時のみとされており、配偶者への暴力やその他の理由は適用されない、と述べられている。

Six nations press on Hague treaty

Six nations press on Hague treaty

The U.S., Canada and four other countries have jointly urged Japan to take legal steps to ensure that parents who have removed their children after the failure of international marriages will not be preferentially treated contrary to an international treaty on cross-border child custody disputes, government officials said Tuesday.

The six countries — including Britain, France, Australia and New Zealand — submitted the joint statement in writing, the officials said. It was part of the Justice and Foreign ministries' one-month public consultation from the end of September on interim proposals for domestic legislation prior to Japan's accession to the treaty.

The rare move reflects the countries' strong interest in Japan's accession to the Hague Convention on the Civil Aspects of International Child Abduction. The treaty is designed to ensure the prompt return of children who have been abducted from their country of habitual residence.

The envisioned domestic legislation would indicate that children will not have to be returned when the parent has fled an abusive spouse or could face criminal prosecution, presumably in connection with the abduction of offspring, in his or her country of habitual residence.

The joint opinion, submitted by the Canadian Embassy in Tokyo on behalf of the six governments, states that the interim proposals deviate from the convention, which allows the return of children to be rejected only when they could face a "grave risk" if returned, making spousal violence and other reasons inapplicable, the officials said.

更新 2011-11-23 (水) 20:26:44
アクセス数
総計:2796 今日:1 昨日:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional